本文へスキップ

株式会社ワットは節税対策専門会社です

TEL. 03-3995-1662

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-22

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します



  決算書作成は弊社HPを見てからが得・得  

国税局認証「日本初・新ビジネスモデル」のご案内

■平成14年9月事前照会事業:全額償却ビジネス・・・・・・・・・・照会会社:株式会社ワット
■平成15年2月文書回答
「東局課一審第17号」・・・・・・・・・東京国税局・課税第一部審理課

企業を守る税対策始動中

・・・東京国税局・認証/特許出願・・・



・・・お金を必要としない節税対策&ビジネス概要・・・



税務会計を見直す機会です
税理士も、社長さんも、また従業員の方々も知らない、活用しない、国の「事前照会/文書回答」制度です。
制度の趣旨・目的及び照会事業/回答事例を知らずに、活用せずに、資金が無駄に税へ流出している。

【納税者が発案する節税対策&事前照会/文書回答制度】

国税庁は納税者サービスの一環として行っている事前照会・文書回答制度の趣旨から鑑みれば、納税者が発案する節税対策を容認する制度設計になっています。しかしながら、税理士も経営者も税務通達には従うが文書回答は無視されがちです。税務調査では文書回答も通達と同様に取り扱われていることを考えるに、制度の利用と活用は企業にとって有益に働くことを株式会社ワットが確約します。

取引形態:「官&民」法令検証と評価実績



【キャッシュフローのゼロ化&事業目的】

■節税会計・・・・償却資産/残価の早期費用計上&資産税ゼロ化
■身軽な経営・・・・・・・・資産のオフバランス化&固定費圧縮
■所有改革・・・資産のビジネスツール化(税務上は消耗品扱い)


資産のビジネスツール化とは
税務上の資産を弊社の取引により償却資産から消耗品として会計処理が行われます
所有権をもちつつ、設備を法令で定められたビジネスツール(消耗品)として扱えるようにしています
取引の特徴:取引相互の減価償却&資産計上不要会計=
全取引を消耗品として会計処理を行います


【別途取り扱う地方税】
※地方税・・・・・・・・・・・・土地・建物は評価税扱いの為、土地・建物に限り資産税が発生します。
※資産税・・・・・・お客様は土地・建物の資産税相当額を利用料としてご負担して頂くことになります。
※資産計上・・・貸与者または、利用者(所有権者)は土地・建物を備忘価額1円として資産計上します。

「全額償却ビジネス」税法上あり得ない経済取引ですが、国税局の認証により経済活動を有効にしている

※節税対策は国の制度「事前照会事業/文書回答事例」に答えあり・・・・・・・制度解説はここをクリック





【全額償却ビジネスの取引形態】

所有改革・・・・・資産のビジネスツール化(税務上は消耗品扱い)




開発目的(1)資産は税務上の消耗品扱いにすること
開発目的(2)所有資産(償却残価)から経費を増やすこと
開発目的(3)資金を使わないで節税対策ができること
開発目的(4)お客様に負担を掛けない経済活動ができること


成功報酬型ビジネスモデル・・・・・・・・お客様の負担金はワットの成功報酬料だけ

法令検証・・・「官&民」国税局の信頼と信用&税務申告の安心・安全を担保


【成功報酬料について】
弊社はコンサル、対策、提案などから報酬を頂くものではありません。法人税圧縮、資産税ゼロ化の成果達成を
出し示し生じる成功報酬料です。当然ながら成果を出し示さない限り一切費用請求することはありません。

株式会社ワットは資本主義経済(儲け主義)だけが経済活動とする既成概念から脱却し、奉仕経済を基軸とする全額償却
ビジネスの開発とともに、経営的/金銭的負担と負債及びリスク等に縁がない、「ゼロ」の経済価値観をご提供します。

※詳細は事業説明会/節税セミナー(参加費無料)





会計から見た全額償却ビジネス(残価の全額損金算入)

【節税資金を必要としない節税対策】






【取引の特長】
所有資産はレンタル変換時/取引全体において税務上の消耗品として取引が行われます






脱・既成概念・・・・・発想を変え未来を構築するWatto Co.


資本主義経済(儲け主義)だけが経済活動ではない。奉仕経済の思考を持つワットの開発事業
【奉仕型経済活動・・・・・全額償却ビジネス/レンタル変換業】

経営的/金銭的負担と負債およびリスク等に縁がない
「ゼロ」の経済価値観をご提供いたします

新ビジネスモデル開発会社:Watto.Coが「節税&身軽な経営術」をご案内いたします  
→【詳細は事業説明会】






【官&民】法令検証&評価実績に基づくワット事業

全額償却ビジネス/取引形態
Sale & RentalBack to Return


国の事前照会/文書回答制度は納税者が安心して節税申告ができる制度設計になっております。
しかしながら、制度の認知度が低く税理士・経営者・従業員の方々も知らない現状と無駄税が横行している。

国の制度利用+民間諸団体による法令検証/評価実績を兼ね備えた全額償却ビジネスです。
企業を守る税対策・【官・民】法令検証&評価実績に基づく節税セミナーをご利用ください。



「事業説明会/節税セミナー」申込みフォーム



▲このページの先頭へ

東京国税局・ワット照会事業と文書回答事例を基にWeb掲載しています


→事前照会/文書回答制度について詳しくは国税庁HPをご参照下さい



 →事業説明会/節税セミナーの案内サイト【参加無料】


【事業説明会/節税セミナー】申込みフォーム



法令検証と評価実績「全額償却ビジネス/レンタル変換」


事前照会事業
事業目的:
所有から利用経営アシスト業「全額償却ビジネス/レンタル変換」
償却資産(土地・建物含む)の経費化・税金減・資金増
平成13年11月
特許出願:特願2001-362176 「全額償却ビジネス/レンタル変換」
平成14年9月
事前照会
事前照会者:株式会社ワット 代表取締役 渡辺利男
担当部局・・・・・・東京国税局・課税第一部・審理課
平成15年2月
東京国税局
課税第一部   
平成14年9月2日付照会に対する文書回答:「東局課一審第17号」
【文書回答表題】
レンタル業の新ビジネスモデルワットの税務上の取り扱いについて
平成17年8月
課税庁は税務上の違法性はないとする見解を示す/地裁・答弁書より
平成19年5月
事業発表と評価・・第二東京弁護士会・租税訴訟学会・税法研究学会
平成22年2月
事業講演と評価・・・・・・TKC城北東京会・練馬支部・税理士会
課税庁の事前   照会制度目的
新しい経済取引に対し国税に関する法令の適用等について予測可能性を高めることを目的として実施するものである。詳しくはこちらをクリック

バナースペース

株式会社ワット

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-22
償却コンサルティング

TEL 03-3995-1662
FAX 03-3995-2776
e-mail:watto-rental@watto.jp







新ビジネスモデル
Watto System

特許出願:特願2001-362176

ワットの取引形態

セール & レンタルバック
to リターン


Return価額=上限10万円未満
所有権取得は市場原理に基づく


→事業説明会の案内はクリック【参加無料】

→申込みフォームはクリック【参加無料】


thanks.htmlへのリンク