本文へスキップ

株式会社ワットは資産/償却クリーンアップ専門会社です。

TEL. 03-3995-1662

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-22

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します


国税局文書回答事例掲載ホームページ
文書回答事例から学ぶ資産の扱いと会計
事前照会・文書回答「東局課一審第17号」より


日本初・資産の所有から利用変換ビジネス


資産の所有から利用/使用変換するとする提示に対し、皆さんは一般的な経済概念で考えがちですが大きく異なっています。設備投資/資産に対する所有価値観を維持しつつ、利用/使用価値を残す新レンタル・ビジネスを形成しております。


国の事前照会・文書回答制度を解説しています。ここをクリック
事前照会・文書回答制度を知る・国税庁HP

Watto Systemの活動と評価実績を調べる

ワットHPを見て疑う人、信じられない人、税理士に聞いても分からない人、違法行為と思う人は東京国税局へ問い合わせてください。納得してから次に進んで下さい。

資産/償却クリーンアップ・シュミレーション・スタート


節税対策の三要素で だから だから




とかく日本人は新しいものに対し、先ずは否定、食わず嫌い、先に出ない、挙句の果て海外からの逆輸入で初めてその価値を知り受け入れて行く。また、それで良いとする日本人気質。株式会社ワットのビジネスモデルWatto Systemは日本初、いや世界初かもしれません。Web上で分かってもらえるとは思っていませんが、東京国税局に評価頂いているだけでも有難いことです。税の重圧に困っている人がいれば救ってあげたい。ワットの願いはただそれだけです。

▲このページの先頭へ


これから先は節税セミナーでお会いしましょう。【参加無料】



異なる国税と地方税の扱いと対策
資産税ゼロ対策



【資産のオフバランス化】について
資産をオフバランスする場合、売却、廃棄、除却処分等の事務手続きが必要ですが、ワットはその様な処理と異なる方法をもって行います。例えば、消耗品は税務定義上オフバランスとして扱います。その消耗品の税務メリットを最大限生かすことを考え、ワットは資産を消耗品化するノウハウを作り上げたのです。生産活動、事務・業務・財務に影響または、負担を与えることはありません。詳しくは勉強会でご説明いたします。


資産税を知っているようで知らない。国税と地方税の考え方の違い。例えば太陽光発電の設備が国の政策により100%損金算入(即時償却/備忘価額1円)できます。しかしながら地方税は国の政策を認めていません。他の償却資産と同様に減価償却を行い、償却残価を資産税対象としています。たかが資産税、最低評価残価5%、納税が当たり前。その当たり前とする既成概念が無駄税を払い続けている。ワットのHPを見て知らないでは済まされません。ザ・ストップ無駄税から解放。ワットがサポートします。


節税No.1お得情報です。勉強会でお会いしましょう。【参加無料】

                                  ▲このページの先頭へ
Watto Systemの活動と評価実績を調べる



(例)航空会社の困った実情と対策
油断できない償却済み飛行機の資産税




この表は、航空会社・飛行機の最低評価残価5%を例としておりますが、多くの資産を抱え生産活動している企業様にワットから一言。設備投資、塵も積もれば税金と未償却残価の山積み。いつまでもあると思うな技術と金。いつまでも有ってはいけない資産税と未償却残価。無駄な資金の流出、無駄な未償却残価。ザ・ストップ無駄税。利口な経営者なら今がクリーンアップ時と分かるはずです。

クリーンアップ術は勉強会で学びましょう。 【参加無料】

Watto Systemの活動と評価実績


事前照会事業
Watto System 資産/償却クリーンアップ・ビジネス
事業特許出願
新ビジネスモデル Watto System・・・・特願:2001-362176
平成14年9月
事前照会(税務検証)・・・・・東京国税局・課税第一部・審理課
平成15年2月
事前照会事業に対する文書回答(公文書)・・「東局課一審第17号」
平成17年8月
課税庁は税務上の違法性はないとする見解を示す/地裁・答弁書より
平成19年5月
事業発表と評価・・第二東京弁護士会・租税訴訟学会・税法研究学会
平成22年2月
事業講演と評価・・・・・・TKC城北東京会・練馬支部・税理士会
課税庁の事前   照会目的
新しい経済取引に対し国税に関する法令の適用等について予測可能性を高めることを目的として実施するものである。詳しくはこちらをクリック
ワットから一言
事前照会・文書回答制度は国や税理士の為の制度ではありません。あくまでも納税者・経営者の為の事前照会制度であることを認識し、制度が発する節税情報を経営者自ら察知し、会計/経営戦略に取り入れるとともに経営の健全化に利用する情報と考えます。この制度及び情報を活かすのは経営者です。待っていても決して税理士・会計士からは情報伝達される制度ではないことを認識する必要があります。

バナースペース

株式会社ワット

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-22

TEL 03-3995-1662
FAX 03-3995-2776
e-mail:watto-rental@watto.jp





新ビジネスモデル
Watto System

特許出願:特願2001-362176

ワットの取引形態

セール & レンタルバック
to リターン


【類似するリース・バック取引との相違点】

上記取引形態図を見る限り、皆さんがご存知のセール&リース・バック取引と非常に類似しているとお思いでしょうが、まったく違う経済概念を持った経済取引を形成しております。

リース会社が行っている「Sale & Rease Back」取引は資金調達を目的として行う経済活動です。また税務上はファイナンシャル・リース(金融取引)として位置づけられ、リース法の税務規定内で経済活動を行っています。リース取引は取引の自由度が制約され経営上負の部分がどうしても出る取引形態です。


ワットの「Sale & Rental Back to Return」取引は、資産/償却クリーンアップ(資産圧縮)を目的としている経済活動です。

国税局はワットの照会事業をリース取引に当たるのではないかと審理、税務検証を重ねましたが、照会事業を金融取引には当たらないとする見解を示し、リース業の金融取引と異なる「レンタル業の新ビジネスモデル」として認知しました。(文書回答より)

また、既存のレンタル業とも異なることを国税局は認めています。既存のリースでもない、レンタル業でもない、日本初の新ビジネスモデル「資産/償却クリーンアップ・ビジネス」として位置づけられています。

国税局が「レンタル業の新ビジネスモデ」として認知することは、
税務規定外取引となる証となります。

ところが、ワット事業だけに与えられた特権ではありません。現に皆さんが日常経験している取引に税務規定のない取引を知らず知らずに行っているんですよ。少々難しいことを言っているようですが、この先は事業説明会でお話しします。

リース取引より取引の自由度が増し、類似するリース取引が背負っている負の部分の解決に一役買って出るWatto Systemとも言えるでしょう。



例えば、減価償却、法定耐用年数、売買価額、賃貸料金、貸与期間、資産計上、代金決済などの税務規定から解放されています。



【リース取引の不可能を可能としている点】
●減価償却は早期費用計上、一括損金算入。
●法定耐用年数の概念はありません。
●売買価額は自由に決めることが出来ます。
●賃貸料金は自由に決めることが出来ます。
●貸与期間は自由に決めることが出来ます。
●資産計上ゼロ化、資産のオフバランス化。
●代金決済は自由に決めることが出来ます。
●新たに資金調達する必要はありません。

thanks.htmlへのリンク