本文へスキップ

株式会社ワットは資産圧縮と節税対策専門会社です。

TEL. 03-3995-1662

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-22

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

資産圧縮事業説明会開催中

課税庁初・・・・・・減価償却の100%損金算入可を示す照会事業    →照会実態をみる

  • ★税法の壁を乗り越えました・・・・・・・ワット取引の会計処理
  • ★乗り越えた壁/減価償却の無形化・・・・・・・・・・設備投資の100%損金算入
  • ★乗り越えた壁/耐用年数の無形化・・・・・・・・・・償却残価の100%損金算入
  • ★乗り越えた壁/償却資産の非計上化(オフバランス)・減損会計の100%損金算入 
  • ★乗り越えた壁/償却資産の消耗品化・・・・・・・・・資産は消耗品として費用計上
  • ■乗り越えた結果が資産の消耗品化とオフバランス化により資産税1.4%は非課税となる
  • ※ワットの事業及び課税庁の税務見解を理解してできる税務会計です
  • 注)類似取引は脱税行為となり兼ねません、決して真似事はしないようにお願いします
  • 特典:税理士同伴の場合、セミナーは無料で受けられます     →コンサル&導入事例

税理士のアドバイス ★償却ビジネスに対し税理士は税務上の取扱いを疑問視と指摘する点

  • (1)1%以下の売買取引で利益圧縮・・・取引価額は低廉譲渡に抵触する
  • (2)1%以下の売買取引で利益圧縮・・・取引額と時価差額は寄付金扱いとなる
  • (3)1%以下の売買取引で利益圧縮・・・取引額と時価差額は贈与として認定される 
  • (4)1%以下の売買取引で所有権移転・・取引額は名目的対価取引として認定される
  • (5)利益圧縮を目的とした取引・・・・・取引全体を租税回避行為として認定される 


税理士のミステーク ★償却ビジネスに対し税理士の疑問視と指摘は正しくなかった

  • 税理士の見解・・・・・・・税務規定・司法判断に基づく税務見解ではなかった
  • 税理士の指摘・・・・・・・新しい取引に対する税務上の曖昧さによる指摘でした
  • 税理士の疑問視・・・・・・税務署または税務調査官側に寄った意見を述べていた
  • 1%以下の売買取引・・・・憲法で定めらている経済活動の自由を忘れている
  • 課税庁の対応・・経済活動の取引価額に対し課税庁はジャッジしないことを忘れている   


検証と評価実績  ★税務上の違法性・曖昧さを正す唯一の行政手続きと民間団体評価実績新着情報

新事業特許出願
償却コントロール・ビジネス・・・・・・・・特願:2001-362176
平成14年9月
事業照会先(税務検証依頼)・・・東京国税局・課税第一部・審理課
平成15年2月
事前照会に対する文書回答(評価表)・・・・「東局課一審第17号」
平成17年8月
課税庁は税務上の違法性はないとする見解を示す/地裁答弁書より
平成19年5月
発表と税務検証・・第二東京弁護士会・租税訴訟学会・税法研究学会
平成22年2月
講演と税務検証・・・・・・・TKC城北東京会・練馬支部・税理士会
課税庁の目的
納税者からの事業照会及び文書回答制度の目的及び照会趣旨を調べる

バナースペース

株式会社ワット

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-22

TEL 03-3995-1662
FAX 03-3995-2776
e-mail:watto-rental@watto.jp



【Retum価額:1,000円から90,000円】

【Retum価額:1,000円から90,000円】

【Retum価額:1,000円から90,000円】

【Retum価額:1,000円から90,000円】

thanks.htmlへのリンク